あなたはできてますか?受験前日までにやっておくべき6つのこと【コロナ禍バージョン】

中学生向け 高校生向け

Advertisements

受験生の皆さん「いよいよ受験が近づいてきて不安だな。合格できるかな。体調を崩さずに受験を乗り切れるかな。受験前日までに何をすればいいんだろう。」

こんな疑問にお答えしていきます。

〇本記事のテーマ

あなたはできてますか?受験前日までにやっておくべき10のこと【コロナ禍バージョン】

〇本記事の流れ

  • revel. 1 受験校への訪問
  • revel. 2 受験の手続き(出願)
  • revel. 3 生活リズムの修正
  • revel. 4 受験当日のシミュレーション
  • revel. 5 予行練習
  • revel. 6 受験当日の持ち物準備

〇この記事を読んでわかること

  • 受験前日までにしておくべきことが詳しく分かる

〇読者の皆さんへ

受験生の皆さん。日々勉強お疲れ様です。その勉強の成果を存分に発揮するためにも勉強以外の準備が大切です。前日までに準備しておくことがたくさんあります。この準備というのは人によって違うので、各自がしっかり考え行動することが大切です。この記事を参考に万全の準備を進めてください。それでは行きましょう!

revel. 1 受験校への訪問

まず、受験校への訪問です。受験校へ訪問する機会というのは以下のような機会です。

  • 文化祭や合唱祭、体育祭などの行事
  • 学校説明会
  • オープンキャンパス(大学に訪問できる機会のこと)
  • 部活の交流
  • 授業見学                  など

例年であればこれらの機会があります。こういった機会を利用して受験校すべてに訪問するようにしましょう。というのも、

受験校側から見ると皆さんは「お客さん」

です。大体の場合は快くもてなしてくれます。先輩たちが声をかけてくれたり、色々教えてくれたり、お土産をくれたりします。ちなみにお土産としてその学校のグッズや過去問などがもらえたりします。実際にその学校に通っている先輩と話したり、校舎を見学したりすることで、

モチベーションが向上

が期待できます。受験勉強の時間がもったいないという人もいますが、機会があればできるだけ出向く方がいいと思います。とはいえ、今年はコロナ禍でこのような機会も減ってきています。こういった機会が全くないかもしれません。こんな状況でもせめて学校を見に行きましょう。校舎や登校している学生を見るだけでもモチベーション向上につながります

revel. 2 受験の手続き(出願)

さて、見学に行くなどして、受験校が決まったら出願をしましょう。受験する学校に対して「受験させてください」とお願いすることを出願と言います。つまり、

受験校ごとに出願する必要がある

ということです。出願についての注意点を高校受験と大学受験それぞれの場合で解説します。まずは高校受験の出願に関する注意点です。

  • 公立高校の出願は在籍する中学校でまとめてやる場合が多い
  • 公立高校の受験において前後期制なら2回出願する必要がある
  • 私立入試の出願は中学校には頼らない
  • 私立をいくつか受ける場合はすべての高校に出願
  • 公立、私立問わず、自分ですべてを把握していることが大切
  • 少しでも期日が過ぎたらアウト
  • 写真が必要

次に大学受験の出願に関する注意点です。

  • 共通テスト(センター試験)の出願は在籍している高校でまとめてやる場合が多い
  • 共通テスト以外の出願はすべて自分
  • たくさん受験する人は日程に気を配る
  • 少しでも期日が過ぎたらアウト
  • すべて自分で把握する(親に頼らない)
  • 受験料が高額になる場合がある
  • 写真が必要

いかがですか? 出願だけで最低でもこれだけの注意点があります。

詳しくは別の記事で解説します。

revel. 3 生活リズムの修正

これが意外と大切です。受験生はしばしば夜遅くまで勉強をしていて、朝寝不足で学校に行くという生活になりがちです。しかしながら、受験は午前中から始まることが多いため、朝のパフォーマンスが非常に重要になってきます。朝早くからしっかりと頭を働かせることができるよう、睡眠の時間を考える必要があります。これを言うと、

受験前日は早く寝ます

という人がいますが、これはやめた方がいいです。寝る時間と起きる時間はできるだけ、毎日そろえましょう。受験の日のリズムを体に刻み込んでおきましょう。そうしないと遅刻の原因にもなります。

遅刻したせいでセンター試験を途中から受けることになってしまい、第一志望の国立大学を受験することすらできなかった友人を知っています。

受験生の生活リズムは乱れがちです。意識して修正しておきましょう。

revel. 4 受験当日のシミュレーション

これ、めちゃくちゃ大切です。どんな点に注意してシミュレーションすればよいのかをまとめました。

  • 受験当日のタイムスケジュール
  • 移動手段
  • 天気
  • 学校までのルート
  • 泊りか否か

最低でもこれだけのことには気を配るべきです。

受験当日のタイムスケジュール

まず、当日のタイムスケジュールをまとめましょう。絶対に遅刻できない時間(試験開始時間)などを基準に起きる時間や家を出る時間を逆算していきましょう。タイムスケジュールがしっかり立っていないと当日、不測の事態にも対応できませんし遅刻の可能性も高まります。

移動手段

タイムスケジュールを考える上でも大切なのが移動手段です。公共交通機関を使う人も多いでしょう。自分が使う公共交通機関の時刻表を調べておきましょう。「何時何分の電車に乗って、どこで降りて、何時何分のバスに乗る」といった感じでしっかりタイムスケジュールに盛り込みましょう。ただし、

公共交通機関は遅れるもの

です。遅れてもいいように余裕をもって予定を立てましょう。また、曜日によって本数が違う可能性もありますので、しっかりと受験日の時刻表を確認するようにしましょう

天気

これめちゃくちゃ大切です。例えば移動手段が自転車の人についてはあくまで、晴れていればですよね。雨だったらどうしましょう。普段であればカッパを着ていくのかもしれませんが、試験や面接があることを考えるとあまり得策ではありませんよね。ですから、

晴れだったら…。雨だったら…。雪だったら…。

というように3パターンくらいの予定を立てておく必要があります。当然、雨や雪が降ると公共交通機関にも影響が出ることがあります。ですので雨や雪の場合の予定はさらに余裕をもって組まなければいけないわけです

学校までのルート

特に高校の場合、駅の目の前ということはあまりありません。ですので最寄りの駅やバス停から歩く場合も多いです。その歩くルートもしっかり確認しておきましょう。当日迷って遅刻とかシャレにならないです

泊りか否か

特に大学受験生にあると思いますが、受験校の近くに宿泊するという人は要注意です。「明日泊まっていい?」「OK」なんてことはないですから、しっかりと事前に予約する必要があるでしょう。また、受験シーズンであれば予約が埋まってしまうこともあるので早めの行動が必要です。

revel. 5 予行練習

受験日と同じ曜日に予行練習をしましょう。

実際に受験日と同じ曜日に当日と同じ行動をしてみるのです。同じ曜日というのが大切です。曜日が違えば人の多さやバスの時間なども違うため予行練習になりません。また、

今年はコロナの影響で時差出勤を実施している人によって混雑している時間帯が変わっている可能性もあります。そういったことを確かめるためにも絶対に予行練習をしましょう。

予行練習の時に気を付けてほしいのは以下の点です。

  • 実際のバス乗り場などの確認
  • 時間的に無理はないか
  • 出勤ラッシュに重なっていないか
  • 時間をつぶすところはあるか
  • 受験日の込み具合はどうか
  • コンビニはあるか

詳しくは別の記事で解説します。

revel. 6 受験当日の持ち物準備

そしていよいよ受験の前日は持ち物の準備をします。今まで説明してきたことができている皆さんであれば、もう怖いものはありません。最後にしっかりと持ち物を準備して早く寝ましょう。

持ち物の準備については以下の記事で詳しく解説しています。

いかがだったでしょうか。必ずrevel. 6までやってください。勉強をしているだけが受験準備ではありません。その他のことも勉強と同じくらい重要です。

皆さんが笑顔で受験を終えられることを願っています!がんばれ!

TOP