【塾講師が徹底解説】持ち物など受験前日の準備を確認しよう【コロナ禍バージョン】

中学生向け 高校生向け

Advertisements

これから高校受験や大学受験を控えている人「コロナの影響もありいろいろ不安だな。ただでさえ不安なのに、どんな準備をすればいいんだろう。持ち物のリストが欲しい。」

こんなお悩みにお答えしていきます。

〇本記事のテーマ

【塾講師が徹底解説】持ち物など受験前日の準備を確認しよう【コロナ禍バージョン】

〇本記事の流れ

  • 受験当日の持ち物の確認
  • コロナ禍だからこそ注意すべき点
  • よくある質問

〇この記事を読んでわかること

  • 受験当日の持ち物が確認できる
  • コロナの影響による注意すべき点が分かる
  • よくある疑問の答えが得られる

〇読者の皆さんへ

みなさん。いよいよ受験が近づいてきましたね。勉強も追い込みに入っていると思います。日々お疲れ様です。今回はそんな日ごろの勉強の成果を存分に発揮できるようにするための準備についてお話していきます。当日、持ち物の準備などが不十分であったために余計な不安や手間をかけてしまうとそれだけで慌ててしまいます。そうならないでテストに全力投球できるようしっかり準備しましょう。

受験当日の持ち物の確認

まずは受験当日何をもっていけばよいかを確認しましょう。「備えあれば憂いなし」と言います。しっかり準備をしましょう。また、それぞれのものについて注意点やなぜ持っていくのかを理解していないと忘れにつながります。リストの後の解説もしっかり読んでください。

【持ち物リスト】

  • 筆記用具
  • 受験票
  • 学生証
  • お財布
  • 時計
  • やりこんだテキスト数冊
  • 上着
  • スマホ(持っていれば)
  • ハンカチ、ティッシュ、ヘアゴムなどの身だしなみ用品
  • 予備のマスク
  • 整えられた制服
  • (酔い止めや胃薬など)
  • (公共交通機関の時刻表)
  • (ひざ掛けやボックスティッシュ)
  • (その他実技試験などで要求されているもの)

筆記用具

では順に解説していきましょう。まずは筆記用具ですが、これは当たり前ですね。ただし、だからと言って、いつもの筆箱をそのままバックに放り込むのはやめましょう。中身もしっかり確認してください

  • シャーペンと鉛筆が数本ずつ入っているか
  • 消しゴムは2つ入っているか
  • 三角定規、分度器、コンパスは入っているか
  • シャー芯や鉛筆削りは入っているか
  • それぞれの物に英単語などが書いていないか
  • ボールペンや名前ペンは入っているか

少なくともこの6点は確認しましょう。まず、鉛筆やシャーペンは複数本入れておきましょう。実際に机に出すのも複数本です。落としたりしたとき、手を挙げてもすぐに試験管が気づいてくれるとは限りません。また、芯が折れたりしたとき代わりのものがないと終わりなので必ず複数本用意し、念のためシャー芯や鉛筆削りも入れておきましょう。特にマーク式の場合は鉛筆の消耗が激しいですから注意しましょう。

消しゴムを2つ入れておくのも鉛筆と同様の理由です。机の上にも2つ出しておくと良いでしょう。また、特に高校受験の数学では三角定規とコンパスを使う問題が出るため、それらが入っているかも確実にチェックしましょう。コンパスの鉛筆(シャー芯)までチェックしてくださいね。

また、カンニングと勘違いされてしまいそうな文字が入っているものは使わないようにしましょう。できるだけシンプルな無地のものを使いましょう。消しゴムのカバーなどは取ってしまってよいでしょう。

受験票

こちらも当たり前ですね。極端な話、筆記用具と受験票さえあれば受験はできます。ですから必ず忘れずに持っていきましょう。しかしながら、もし忘れたとしても実は大丈夫な場合が多いです。詳しくは後に解説します。

また、受験票は面接のときに提出したりする可能性もありますから、ぐしゃぐしゃにならないようクリアファイルや書類ケースに入れて持っていうようにしましょう。

ちなみに受験票は受験当日が終わっても捨ててはいけません。あとで合否を確認するときに受験票に記載された受験番号などを使う場合が多いです。

学生証

学生証は必ず使うというわけではありませんが、提示を求められることもあるかもしれません。もちろん提示を求める場合には事前に学生証を持ってくるよう受験校側から指示があるのが普通ですが、特別指示がない場合でも一応持っておきましょう。

お財布

お財布は必ずです。何かあった時、学校や親に電話を掛けたりするとき、スマホがなければ公衆電話などからかけることになりますが、その時にお金は必要です。また、忘れ物に気が付いたとき、その場で買うこともできます。受験当日の持ち物はコンビニで売っているものも多いためお金は多めに持っておきましょう。また、飲み物なども買うかもしれません。交通費を除いて最低でも5000円はあれば困ることはまずないでしょう。

ちなみに交通費は事前にsuicaなどに入れておくと楽です。

時計

時計も必ずです。カンニング防止のため教室には壁掛け時計がないことが多いです。また、あったとしても視力の問題で見えないなんてこともあります。時計については以下の注意点を守ってください。

  • 多機能(アラーム機能など)の時計は避けた方がいい
  • 当日はつけの上に置く(腕につけたままはダメ)
  • スマホの時計は使えない

カンニング防止のため当日は机の上に置くことになります。また、当たり前ですがスマホの時計は使えません。多機能の時計を避けた方がいい理由は後で解説します。

やりこんだテキスト数冊

やりこんでボロボロになったテキストを持っていくといいかもしれません。これは必ずではないですが、私はお守り代わりに持っていきました。隙間時間に勉強するためというのもそうですが、ここまで来たら焦っても仕方がないので、逆にその焦る気持ちを抑えるためのお守りとしてテキストを持っていくのもいいのではないでしょうか。

こんだけボロボロになるまで勉強したんだから、必ずできる!合格できる!

上着

上着は必需品です。後で詳しく解説しますが、今年の入試は特に室温に対応できるかが重要です。上着だけでなく内側に着るものにも気を配りましょう。できるだけ温度調節ができる服装で臨みましょう。

スマホ(持っていれば)

持っている人は連絡手段としてバックに入れておくのも良いでしょう。ただし、電源を切るのは忘れないでくださいね

ハンカチ、ティッシュ、ヘアゴムなどの身だしなみ用品

ハンカチ、ティッシュは当たり前。また、特に女子の方は髪を整えるための道具は持っておいた方がいいでしょう。くしやヘアゴム、ヘアピンなどです。もちろん派手なものやキャラものなんかは避けましょう。

というのも、高校受験の場合、その高校によっては髪型について校則を設けているところがあります。例えば「肩にかかる場合は結ぶ」などの校則があった場合、肩にかかっているのに結んでいない受験者はだらしなく見える場合もあります。もちろんそんなことで落とすわけはないのですが、可能ならば気を使いましょう。長い髪はきちんと束ねておくのが安全です。

予備のマスク

予備のマスクは持っておいた方がいいでしょう。当日、何らかの原因でマスクが汚れてしまったりしては集中できませんし、面接のときにもだらしなく見えます。何らかの原因とはくしゃみをしたとき内側が汚れる、おひるごはんのケチャップがついちゃった、飲み物がはねたなどです。ありそうでしょ?(笑)

整えられた制服

当日の服装は制服が安全です。私服じゃいけないという決まりはないですが、制服が安全です。しかしながら、制服を着ていればいいというわけではなく、ネクタイやズボンの折り目やスカートの丈などに気を配り美しき着こなすことが大切です。特に面接試験では服装は見られています

(酔い止めや胃薬など)

ここからは必要な人だけになります。酔い止めや胃薬など必要な人は持っておいた方が良いでしょう。また、酔いやすい人は早めに到着して酔いを覚ます時間を確保しましょう。酔ったまますぐテストというのはきついです。

(公共交通機関の時刻表)

電車やバスなどを使う予定のある人は最新版を持っておくとよいでしょう。

(ひざ掛けやボックスティッシュ)

ひざ掛けやボックスティッシュは事前に申請が必要の場合があるので、使いたい人は確認しておきましょう。勝手に使っていいわけではありません。当日の申請が不可能であればあきらめましょう。

(その他実技試験などで要求されているもの)

例えば、楽譜、絵を描くための道具、部活の道具など受験スタイルによっては必要になることがあります。スポーツ推薦では実際のプレーを見せてくれと言われることもあります。推薦受験をする人は特に追加の持ち物がないかを確認しておきましょう。

コロナ禍だからこそ注意すべき点

2020年度の受験はコロナとの戦いになります。ですので例年に比べて注意すべき点が増えます。以下の通りです。

  • マスクの着用が必須
  • 教室の換気状況によっては寒い可能性がある
  • 公共交通機関やその利用者の動きが例年と違う可能性がある
  • 消毒や検温などの手間がある

順番に解説していきましょう。

マスクの着用が必須

これは持ち物のところでも紹介しましたがマスク着用が必須になります。「マスクを拒否した乗客のせいで飛行機が緊急着陸」なんてニュースもありますが、受験もおそらく同じです。

マスクをしていなければ追い出されて終わりです。

幸い忘れてしまったとしてもコンビニに売っていますからあわてず買い求めましょう。だからこそお財布は必ず持っておく必要があるのです

また、前にも説明した通り予備のマスクは持っておきましょう。

教室の換気状況によっては寒い可能性がある

マスクよりも皆さんの敵となりうるのはこの「換気」です。教室は常時換気されている可能性があるのです。そうなると、窓際は寒くなってしまします。普通、制服というのは温度調節がしやすい服装なのですが、それは例年の話であって、

今年に関しては制服の温度調節機能だけでは追いつかない可能性もあります。

また、換気しているため、逆に暖房の温度を上げている可能性もあります。そうすると暖房の近くの生徒は逆に暑すぎるという状況にもなってしまします。ですから今年に限っては温度調節の幅を、

半袖からコートまで

と思っておくといいと思います。ワイシャツの下に部活できるようなメッシュ素材の半袖のシャツを着ておきましょう。そうすれば暖房の近くになっても半袖になることができます。女子の場合は普段、ワイシャツの下は下着かもしれませんが、今回に限っては半袖のTシャツを着ておくとよいかもしれません。また、寒いところになってしまったときのため、カーディガンやコートを持っておくとよいでしょう。

自分は暑がりじゃない、寒がりじゃない、と油断しないでください。備えあれば憂いなしです。

公共交通機関やその利用者の動きが例年と違う可能性がある

これは本来であれば、事前に調べておくべきことですが、

コロナの影響で公共交通機関やその利用者の動きが例年と違う可能性があります。

例えば時差出勤の影響により普段はすいている時間が混んでいたりするかもしれません。また、そもそもバスや電車の本数が少なくなっているかもしれません。また、当日電車やバスの中で何かトラブルがないとも限りません。ですからバスや電車を使う人は

1時間遅れても間に合う予定を立てる

ことを意識してください。ほんの数分の遅れで遅刻になってしまうようなギリギリの予定を立てている人は修正しましょう。

消毒や検温などの手間がある

これも今や当たり前の光景ですが、入り口などで消毒や検温を実施しているはずです。例えば、ギリギリに走ってきた学生はもしかしたら体温が上がっているため検温で引っかかるかもしれません。

例年と違う動きがプラスされているわけですから、それを見越して余裕をもって行動しましょう。

よくある質問

さて、ここからはよくある質問に回答していきます。会話形式で回答していきます。

Q.受験票を忘れたらどうなりますか?

A.もし、受験票を忘れたとしても取りに帰らない方が良いでしょう。家を出てすぐなら取りに行くのもありですが、学校の最寄り駅についてから気づいたなどといった場合には取りに帰らない方が良いです。その場で受験校に連絡を取りましょう。忘れたことを伝えると大抵の場合、そのまま来てくださいとの指示が出され、仮の受験票をくれます。取りに帰って遅刻することが一番ダメです

Q.多機能の時計がだめな理由は?

A.多機能の時計を持っている人は多くても、その機能すべてを完ぺきに理解している人は少ないのではないでしょうか。ということは、自分の知らないうちにアラームがセットされてしまい、それが試験中鳴り出す可能性もあるわけです。鳴った挙句、止め方もわからずしばらくなり続けるなんてこともあります。もちろん微々たる可能性ですが、可能性はあります。ですので多機能の時計はやめた方がいいのです。コンビニや100均などで売っている時計機能だけのもので十分です

Q.試験中トイレに行きたくなったらどうすればいいですか?

A.試験中何か困ったことがあれば遠慮なく手を挙げて申し出ましょう。そんなことで落とされるなんてことはあり得ないはずです。トイレ以外にも「具合が悪くなった」「前の人がうるさい」「鉛筆が落ちた」など何かあれば遠慮なく手をあげましょう。対応してくれるかは別として、まずは声をかけてみてください。とはいえ、ほとんどの場合は何かしら対応してくれます。

Q.遅刻しそうになったらどうしますか?

A.遅刻は絶対に避けたいところです。ですがもし遅刻をしてしまうなら、確実に遅刻すると分かった時点ですぐに受験校と自分の学校に連絡してください。そして指示に従ってください。特に大学受験であれば甘くはありませんから、遅刻=不合格になることも多いです。高校ですらそうです。遅刻は何としても避けましょう。

Q.遅刻しないためにはどうすればよいですか

A.遅刻しないためには受験当日までの過ごし方が大切になってきます。前日に持ち物をしっかり準備しておくというのもそうですが、前日よりも前から遅刻しないためにできることは多くあります

いかがだったでしょうか。受験当日は誰しもが焦りや不安を抱えています。そんな中、持ち物ごときに自分の心を乱されたくありませんよね? もう一度言います。

備えあれば憂いなし

です。学力だけでなく、持ち物についても全力で準備し望んでください。受験勉強を始めた日から受験はもうすでに始まっています。最後の最後で全力が出せるよう、しっかり準備しましょう。応援しています!がんばれ!

TOP