【時間をお金で買うという考え方】子育て世代は特に必読

保護者向け 考えていること

Advertisements

学生や社会人、子育てに奮闘する親御さん「一日が24時間では足りない。自分の趣味の時間や勉強の時間が取れない。自分の時間を増やしたい。」

こんなお悩みを解決していきます。

〇本記事のテーマ

【時間をお金で買うという考え方】子育て世代は特に必読

〇本記事の流れ

  • 時間をお金で買うとは
  • 時間をお金で買う例

〇この記事を読んでわかること

  • 時間をお金で買うことの意義が分かる
  • 自分の生活の中で具体的に何を改善できるのかが分かる

〇読者の皆さんへ

今回は「時間をお金で買う」という考え方を紹介していきます。この考え方はあまり好まれない傾向にあるっぽいです。というのも、僕の周りの人を見ていると、「もっとうまくやれるのに。時間がもったいないな」と思うような場面が多々あり、それを指摘すると、みんななんだかんだ言って行動に移さないからです。今回はぜひ行動につなげてもらえるよう、解説していきたいと思います。ぜひ最後までご覧ください!

時間をお金で買うとは

さて、まずは「時間をお金で買う」という考え方について説明していきます。例えば、皆さんの生活の中で特にやりたいわけではないが、仕方なく時間を割いているものってありますか? あるはずです。例えば、以下のような事柄です。

  • 掃除、洗濯、炊事などの家事
  • 仕事
  • 通勤時間
  • 勉強
  • 子育てに関すること
  • 買い物

どうでしょうか。もちろん人にもよると思いますが、これらのことは一般的には面倒くさいですよね。そこで「じゃぁ、やらない」という発想をすることが出発点です。

時間をお金で買うとは大雑把に言うと「自分のやりたくないことを誰かにお金を払ってやってもらう」ことを言います。

詳しい例は後で説明しますが、例えば、「家政婦を雇って掃除や洗濯をしてもらう」というのは時間をお金で買う例です。お金を払うことによって、今まで家事をしていた時間を自由に使うことができるわけです。

この話をすると、反論が必ず出てきます。「そんなお金はない」と。そんな人たちには「じゃぁ、どんなお金ならあるんですか?」と聞きたいです。お金がない人ほどやるべきです。もし、買った時間を有効に使えたならお金は返ってきます。そのときはお金が出ていくわけですが、あとで出世をしたり、ビジネスで成功したりすれば、返ってくるんですよね。

  • 資格の勉強
  • 学校の勉強
  • ジム通いなどの健康管理
  • 副業
  • 趣味の時間

こういったことに買った時間を割けば人生は好転していくと思います。また、時間を買うと同時に精神の安定も手に入ることが多いです。例えば、子育ての一部を誰かにお金を払ってお願いすることで時間を買ったとします。その時間はもちろんスキルアップにも使えるし、何より、普段の疲れをいやすことにも使えます。その時間のおかげでまた、子育てを頑張れるのです。

まとめましょう。

  • 時間を買うとは「自分でやってたことを誰かにお願いすること」を言う。
  • お金を出して手に入るのは時間だけでなく、精神の安定やすがすがしい気分などもある。
  • お金がない人ほど、積極的に時間を買った方がいい。時間を買うとは「未来への投資」である。

時間をお金で買う例

さてここから具体的に時間をお金で買う例を見ていきましょう。これらのうち1つでも皆さんの生活に取り入れることにより、皆さんの生活に余裕が生まれ、自分を高めたりすることができます。

多機能の商品を購入する

まず、日常生活全般に言えることですが、質のいいものを買うことで、同時に時間を買うことができます。例えば、洗濯機などです。大家族で洗濯物の量が多いのに、小さい洗濯機を使っているせいで時間がかかる家庭があったとします。そういうご家庭はぜひ良い洗濯機を買いましょう。

確かに、割高になるかもしれませんが、そのお金を払うことで時間を買うことになるのです。

スマホやパソコンなどもそうです。通信制限を気にしなくていいプランを契約することで、ロード待ちの時間が無くなります。これも、お金を払って時間を買う例ですよね。

最たる例はロボット掃除機です。確かに高価なものですが、そのお金を出すことで今まで掃除機をかけていた時間を買うことができます。

まとめましょう。

  • 例として、多機能な商品に自分の代わりに仕事をしてもらうというものがある。
  • 例として、多機能な商品や高価なものを使うことで時間を短縮できるというものがある。

この例は無限にあると思います。皆さんの身近なものを見直してみてください。なかなか睡眠に入れない人は質の良い布団を買うのもいいでしょう。例はたくさんあります。

人にお金を払ってやってもらう

人にお願いすることで時間を買う最たる例は家政婦です。お金を払って家事全般をやってもらえばその分の時間が手に入ります。もちろん経済力の問題がありますから全部任せるというのはできないかもしれませんが、考えてみる価値はあります。

また、最近では地域の便利屋なんて言うのもありますよね。庭の草むしり、車の洗車、換気扇の掃除などお願いするのもありですね。

まとめましょう。

  • 例として、人にお金を払ってやってもらうというものがある。
  • やりたくないことを代わってもらうことによりストレスからも解放される。

サービスを利用する

「人にお金を払ってやってもらう」と似ていますが、サービスを利用するというものがあります。一番わかりやすい例は通販ではないでしょうか。お店まで買いに行く時間を買うという感じです。

また、キャッシュレス決済の類もそうです。ただこの場合はお金を払わなくても利用できるものが多いため使うにきまってます。会計の時短になったりATMに行く手間が省けますから。

また、特にサービスが豊富なのは子育て世代に対してです。おもちゃのレンタルサービスやウォーターサーバー、絵本のレンタルサービスや一時預かり所などはそれにあたります。確かに、お金はかかります。でもその分時間が手に入り、ストレスの解消や子どもとの時間に使えるなら払う価値はあります。また、精神的に安定していると、将来的にも良い方向に向かっていくでしょう。

興味のある人は次の記事も読んでみてください。

いかがだったでしょうか。買い物というのは何も、形に残るものを買うだけではありません。時間を買ったり、精神の安定を買ったりという発想を持ちましょう。もったいないと思うかどうかは皆さん次第ですが、皆さんにとって有益かどうかはやってみなければ分かりません。

ぜひ行動に移してみましょう!

TOP