【ウミガメのスープ良問題集②】5問紹介

中学生向け 保護者向け 大学生向け 考えていること 高校生向け

Advertisements

「新しい人間関係を築きたい。子どもとコミュニケーションをとりたい。彼女とのコミュニケーションのヒントが欲しい。友達と休み時間にさらっとできるものが知りたい。」

そんな皆さん。ウミガメのスープはいかがですか?

〇本記事のテーマ

【ウミガメのスープ良問題集②】

〇本記事の流れ

〇この記事を読んでわかること

  • ウミガメのスープの良問を知ることができる

〇読者の皆さんへ

「コミュゲー」とはコミュニケーションをとりながら進めるゲームのことで、特にテレビゲームを除くものを指します。例えば、トランプやUNO、しりとりや山手線ゲームなどです。ちなみにこの言葉は私のオリジナルです。コミュゲーを一緒にやることで仲が深まっていくのは言うまでもありません。その中でも今回は「ウミガメのスープ」というコミュゲーの良問を紹介していきます。

ウミガメのスープとは

ウミガメのスープのルールを簡単にまとめてあります。詳しくは「ウミガメのスープ良問題集①」で解説しています。

  • ウミガメのスープとは出題者に対し質問を重ね、真相を突き止めるゲーム
  • ただし、質問は「はい」か「いいえ」で答えられる質問にすること。
  • 真相にたどり着かなくても、全然違う真相にたどり着いても楽しむことが大事。模範解答を目指すだけのゲームではない。
  • 2人でも大人数でも遊べるし、道具もいらない

ウミガメのスープ問題例

さて、いよいよここからが問題例です。すでにウミガメのスープを知っているという人はここから読み進めてみてください。たくさんの問題を取り揃えております!

難易度の設定もあります。難易度は1~5の5段階です。

盗まれた?(難易度★)

【問題】
おばあちゃんが「みかんが盗まれた」と慌てています。しかし、実はミカンが盗まれたという事実はありません。一体どういうことだろう。

【解答】
おばあちゃんは無人販売所でミカンを売っていた。そこでミカンを買った人はきちんとお金を払っていったのだが、そのお金を盗んだ人がいたのだ。つまり、ミカンは盗まれていないが、代金が盗まれたのだ。ミカンも無くなっていて、代金も置いていないとなると、ミカンが盗まれたと勘違いしても無理はない。

代金が盗まれないようしっかりと対策をしなきゃね(笑)

せっかくもらえたのに(難易度★★)

【問題】
2月14日の朝、登校しあきらはウキウキしながら下駄箱を開いた。するとあきらは、「チョコレート7個しか入っていない…。」と落ち込んだ。一体どういうことだろう。

【解答】
チョコレート7個「しか」入っていないのである。すなわち、下駄箱に入っているはずの「上履き」が入っていないのだ。上履きがないとなると、落ち込みますね。

7個ももらえても、上履きがないのは悲しいですね(笑)
うまい問題作りです。

世界の終わり(難易度★★★)

【問題】
同じ地域の同じ日なのに天気がバラバラ。一体どういうことだろう。

【解答】
夏休みの絵日記の話。生徒たちは夏休み最後の日になってやっと絵日記に取り掛かったのだ。しかし天気が分からず適当に書いたのだった。学校の先生は同じ地域に住んでいて同じ日の絵日記を書いているのに、雨の生徒もいれば晴れの生徒もいると頭を抱えたのだ。

夏休みの宿題はきちんと終わらそうね(笑)

水と銃(難易度★★★★)

【問題】
あるレストランに入り「水をください」と言った男性がいた。その男性に対し、店員は水を渡すどころか銃を突きつけた。しかし男は感謝し、嬉しそうに出ていった。一体どういうことだろう。

【解説】
男はのどが渇いていたわけではなく水を飲むことでしゃっくりを止めたかったのだ。男の様子からそれに気づいた店員は銃を突きつけることで男を驚かした。そのおかげでしゃっくりがとまった男は感謝しその場を後にしたのだ。

それにしても銃を突きつけるとは…(笑)

愛情(難易度★★★★★)

【問題】
とある村には『出る』と噂の不気味なトンネルがある。そしてそのトンネルに関してこんなルールが存在する。「トンネルを1人で歌いながら通る少女を見かけたら絶対に話しかけてはいけない」というルールである。一体、なぜこんなルールが存在するのだろうか。

【解説】
少女は病気のお母さんのために遅くまで出稼ぎに行っている。なので夜遅くにそのトンネルを通って村に帰ってくるのだ。しかし、そのトンネルは「出る」という噂があり少女もその噂は知っているので、怖さを紛らわすために歌いながら通るのであった。そんな健気な姿に心を打たれた幽霊たちは「怖がらせないためにその少女には話しかけないようにしよう」という取り決めをしたのだった。

めっちゃいい話(笑) 想像の余地は無限大。このルールは幽霊たちの間のルールだったんですね。幽霊の愛情を感じます(笑)

TOP